魔弾の王と戦姫_1
魔弾の王と戦姫_第1話_2
魔弾の王と戦姫_第2話_2

魔弾の王と戦姫(全13話)

  • 気になる登録数:25340
月額400円(税抜)で2,700作品以上!
ドコモのケータイ以外もOK 初回31日間は無料で見放題!

これは英雄へと至る物語――。

あらすじ / ジャンル

戦場を人の力が支配し、剣と馬が戦いの中心だった時代――。ブリューヌ王国とジスタート王国の国境で起こった些末な諍いは、やがて大国の思惑をはらみながら、二十数年振りの開戦に至った。ブリューヌ王国の兵は、およそ2万5千。総大将レグナス王子の初陣を華々しく飾るため、王は直属の騎士団以外にも出兵を命じ、辺境の小貴族すらも戦列に加わることになる。アルサスの若き領主ティグルヴルムド=ヴォルンも、王の招へいに従い、わずかな手勢とともに馳せ参じた1人であった。かたやジスタート王国は、5千の兵でこれを迎え撃つ。中心となるのは、ブリューヌ王国と隣接するライトメリッツ公国の兵たちである。勝敗の結果は、この時点ですでに明白かと思えた。だがブリューヌ王国は致命的な過ちを犯す。ジスタートの兵たちを率いるのは、伝説の竜具を与えられし戦姫の1人、エレオノーラ=ヴィルターリアであった。一騎当千の恐るべき力を、ブリューヌ王国の兵たちは身をもって味わうことになる。絶望が支配する戦場の中で、ティグルは残されたわずかな矢を弓につがえ、標的を定めた。その視線の先にあるのは、美貌と勇壮の象徴――戦姫である。ブリューヌ王国辺境の若き領主、ティグルヴルムド=ヴォルン。ジスタート王国の戦姫、エレオノーラ=ヴィルターリア。両者の邂逅が、のちに語り継がれる英雄譚の序章になるとは、まだだれも知る由もなかった。

キャスト / スタッフ

[キャスト]
ティグルヴルムド=ヴォルン:石川界人/エレオノーラ=ヴィルターリア:戸松 遥/ティッタ:上坂すみれ/リムアリーシャ:井口裕香/リュドミラ=ルリエ:伊瀬茉莉也/ソフィーヤ=オベルタス:茅野愛衣/アレクサンドラ=アルシャーヴィン:小松未可子/エリザヴェータ=フォミナ:小林ゆう/ヴァレンティナ=グリンカ=エステス:原田ひとみ/ルーリック:興津和幸/マスハス=ローダント:飯島 肇/バートラン:菅生隆之/ザイアン=テナルディエ:木村良平/フェリックス=アーロン=テナルディエ:松本 大/ロラン:東地宏樹/ナレーション:小杉十郎太

[スタッフ]
原作:川口士 (MF文庫J『魔弾の王と戦姫』/KADOKAWA メディアファクトリー刊)/キャラクター原案:よし☆ヲ,柳井伸彦,片桐雛太/監督・シリーズ構成・脚本:佐藤竜雄/キャラクターデザイン・総作画監督:椛島洋介/サブキャラクターデザイン:いとうまりこ/プロップデザイン:大橋幸子,秋篠 Denforword 日和/デザインワークス:大河広行,石川寛貢/CGプロデューサー:橋本トミサブロウ/CGディレクター:畑山勇太/美術設定:ニエム・ヴィンセント/美術監督:甲斐政俊/美術:スタジオKAIMU/色彩設計:篠原愛子/撮影監督:岩崎敦/撮影:T2 Studio/編集:定松剛/音楽:横山克,信澤宣明/音楽制作:KADOKAWA(メディアファクトリー)/音響監督:本山哲/アニメーション制作:サテライト/製作:魔弾の王と戦姫製作委員会

[製作年]
2014年

(C)2014 川口士・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/魔弾の王と戦姫製作委員会

関連グッズ

関連グッズを表示するには下の「関連グッズを見る」を押してください。