「スレイヤーズ」特集

「スレイヤーズ」特集

ファンのみなさんからの疑問におこたえ! 林原めぐみさんインタビュー

林原めぐみさん

林原めぐみ

MEGUMI HAYASHIBARA
  • 誕生日:3月30日
  • 出身地:東京都
  • 血液型:O型

――今日はdアニメストアで「スレイヤーズ」ファンのみなさんから寄せられた質問を元に、お話をうかがえればと思います。よろしくお願いします。

ではまずこんな質問から「私は今でも竜破斬【ルビ:ドラグ・スレイブ】とかの呪文がふと出てくるくらい、小学生の頃よく真似をして遊んでいましたが、林原さんのお気に入りの呪文や技はありますか?」。

林原 竜破斬です(きっぱり)。

スレイヤーズREVOLUTION 11話

――やはり。リナ=インバースといえば……の代名詞的な魔法ですもんね。

林原 うん。今でも(詠唱を)そらでいえますね。ただ、最初に台本を読んだときは……今の子はわかんないと思うけど、それまで魔法の呪文といえば「テクマクマヤコン テクマクマヤコン」とか、もうちょっと長いのでも「パラリル パラリル ドリリンパ ティアラン ティアナン マリリンパ」くらいだったから、こんな長い呪文はあるのか!? ってびっくりした。あんな難しい文章を、長々と読むことに対するプレッシャーみたいなのは、とってもありましたよ。

――でもそれを乗り越えただけに、今ではお気に入り。

林原 そうですね。どうしたらシャブラニグドゥなんていうデカいモノと(リナを)繋げられるだろう、と。ただ文字を読むだけではなく、「来い来い来い来い……力よ、来い!!」と気持ちを込めてた。だから毎回、竜破斬を撃ったあとはフラフラでした。アフレコスタジオの椅子に足を投げ出して、「どへぇ~」ってなっちゃうぐらい。

――では次の質問です。「どのシリーズも思い入れがあると思いますが、あえて一番を決めるなら、どのシリーズが一番思い入れがありますか?」。

林原 難しいですねぇ……。OVAの、何人もナーガが出てくるやつ(※「スレイヤーズすぺしゃる」第1話「恐怖のリメラ計画」)が好きです。理由は単純で、アフレコのときにちょっと私が楽をして、(川村)万梨阿さんが苦労しているのを見て笑っていた話だからです。

――なるほど(笑)。

スレイヤーズすぺしゃる 1話

林原 あの話では、11人分のナーガの笑いを、何度も何度も重ねて笑っているんですよ。そしたら、「赤いランプがついているあいだだけ、笑っていてください」と指示があって、もうランプが消えてんのに、もう、万梨阿さんが行くとこまで行っちゃって。スタッフさんが慌てて「(ランプは)消えてます! 消えてます!」っていってんのに、それでもフラフラになりながら笑ってた。そのときの息を切らせている万梨阿さんが最高だったんで、それが好きです。どうかしてましたね、あのエピソードは(笑)。今でも見ると、指差して笑っちゃいます。しかも万梨阿さん、腰に手を当てて笑ってましたからね。おもしろかったなぁ。

――素敵なエピソードをありがとうございます。では続いて、「スレイヤーズといえば林原さんが歌う主題歌も魅力の一つだと思います。林原さんにとって思い出深い主題歌はどの曲ですか? ちなみに私は初めて買ったアルバムでもある「feel well」が大好きです。優しく前向きになれる歌詞が当時の私を助けてくれました」。

スレイヤーズEVOLUTION-R

林原 ありがとうございます。私ね、「JUST BEGUN」が好きなんです。「スレイヤーズEVOLUTION-R」の最終回のために作った曲なんですけど、これ、そろそろ、卒業式で歌ってくれないかなって(笑)。「スレイヤーズ」好きで先生になった人もいると思うんで。
「いつか大人になったその日に 今日をどう思うだろう」「どんな大人も遠回りして きっと答え探してる」という歌詞は、先生の目線でも行けるし、生徒の目線でも行けるし。もともとは(登場キャラクターの)ポコタに向けて書いたんですけどね。でも、気がついたら、リナ自身の旅に対してもいえる内容だな、と思った。「スレイヤーズ」シリーズはガンガンイケイケな雰囲気の曲が多くて、それも大っ好きなんですけどね。「EVOLUTION-R」は一応、あの時点でのテレビアニメシリーズの最後の最後という空気でしたので、作品の総括みたいな気持ちで書いたので、好きです。

――次はこんな質問です。「『スレイヤーズ』とは切っても切り離せない要素の1つは食事シーンだと思います。リナはガウリイやアメリア、ナーガなど、仲間と様々な食事をしてきましたが、林原さんが印象に残っている食事、また現実にあったとして食べてみたい食事はありますか?」。

林原 ニャラニャラの鍋とニョヘロンの焼き肉。両方食べたい! あと、ヌンサって食べられるの?

――魚ですし、食べられなくもないとは思いますが……本当にお食べになりたいですか?

林原 アドリブで「食ってやる!」みたいなことをいった覚えがあるんですよ(笑)。

スレイヤーズ 5話

――テレビシリーズ1作目5話の「3枚におろしてやる!」ですかね。

林原 それかな? そんなこともあって、気になるといえば気になるんだよなぁ。アドリブといえば、余談ですけど、ヌンサとチューしたあとで、「生臭っ!」といったのはアドリブだったはず。なつかしいな~。

――では次の質問に。「めぐさんはリナを演じた始めた当時から『リナによく似ている』『素のめぐさん』などと言われていましたが、逆にご自身とリナの違う部分はどんなところだと思いますか?」

林原 魔法は使えません。……以上!(笑)

――端的です(笑)。

林原 他は何でしょうね……いやぁ、当時の私はシンクロしてましたからねぇ。振り返って見れば、そりゃ、全部違いますよ。髪の色だってなんだって、全部違います。でも、そのつもりでやってました。当時はリナに自分を重ねてました。だから、やっぱり「魔法が使えない」ってとこで。

――次の質問はこれです。「私は、中学の頃に『スレイヤーズ』に出会いました。リナの真っすぐで自分に正直なところは、当時の私に大きな影響を与えてくれました。今でも理想とする生き方と考えていますが、林原さんはリナの生き方や考え方に影響されたことはありますか?」

スレイヤーズTRY 1話

林原 あります、あります! それがきっかけで詞を書くようになったんですよね。たぶん、私が本気で詞に取り組もうと思ったきっかけは、『スレイヤーズ』なんです。もちろん、それまでもアルバムの中で、遊び……じゃないですけど、「一曲くらい書いてみれば?」みたいなことをいわれて、書いてはいました。でも、今のように歌詞を書くようになったのは、リナの影響です。

――気になります。もう少し掘り下げさせていただきたいです。

林原 リナからはすごくたくさん、いろんなものをもらって……たとえばですけど、リナは魔法が使えなくなったときに、「ないならないなりの作戦を立てるまでよ!」みたいに考えるわけですよ。人は大事なものを失ってしまうと、「何で失うようなことになっちゃったんだろう?」とか「どうしてあのとき、こうしなかったんだろう?」とか、「もっとこうしていれば……」という風に物事を捉えてしまう。でも、どんなに嘆いても、戻ってこないんだから。ないならないなりのやり方を考えるしかない。そんなセリフを発するときに、そういう自分じゃなきゃいけないから。そこまで自分の内側の、脳のメンテナンスをして、自分の思考をそう持って行かなきゃいけない。そんなふうに考えてないのにセリフをいったら、嘘になっちゃう。腑に落としてからセリフを声にすると、「言霊」になって、自分にもちょっといい催眠術をかけてくれる。私は、自分が本気でいった言葉って、そんなことがあると思っているんです。

――深いです。

林原 だから、ほかにもリナがいったいろいろな言葉を私が浴びることで、私もその言葉のとおりになっていったことが、すごくたくさんある。その恩恵を、詞にした……って感じですね。
「一度きりの自分に負けられない」(「don't be discouraged」)とか「優しさの中にある 罠 抜け出さなくっちゃ」(「Reflection」)とか。特にテレビアニメの歌って、飛ばす人もいるとは思うけど、基本、毎週流れて、何度も耳にするものだからね。そこにただ「言葉」だけじゃなく「言霊」も乗るといいなと思って、歌詞を書くようになったのが、大きな影響を受けたところですね。

――次は軽めの質問です。「竜破斬が3度だけ撃てるとしたら、何をぶっ飛ばしたいですか。」

スレイヤーズREVOLUTION 13話

林原 えーっ……(長考)……まず……「悪い政治をした人の家」。でも、これは3発じゃ足りないかもしれないな~。

――住んでいるところが密集していたらいいんですけどね。

林原 次は……「悪い行いをした人の組」。

――は、反社会的なんちゃらですか(笑)。

林原 あとは……うーん、3発かぁ。相当吹き飛ばせるんだけど、悩みますね。……そうだ、3発目はとっておこう。悪い政治をした人を吹っ飛ばし、組を飛ばし、さあて、次はどこをふっ飛ばそっかな~~~……って、アピールします。竜破斬を抑止力にします(笑)。

――さすがです! さて、お芝居に関する質問も来ています。「かれこれ25年ほどリナを演じていらっしゃいますが、年齢とともにリナの演技も変わってきたりしたのでしょうか?」

林原 それはどうですか? 逆に、みなさんに聞きたいです。声は低くなったりしているんでしょうけど、マインド的には変わってないつもりですが。どう思いますか? という感じです。

――Webに掲載されるインタビューですし、読んだ方はぜひその点について、SNSなどでご意見お寄せください、と……。

林原 くれぐれも「劣化」とか書かないように。3発目の竜破斬が飛びますよ、アナタに。

――「スレイヤーズのアフレコ現場で印象に残っているエピソードがありましたら教えていただきたいです!」

スレイヤーズNEXT 15話

林原 いっぱいある、いっぱいある。マジン(アメリア役の鈴木真仁(すずき・まさみ))ちゃんがNGを出すとマイクのまわりを回ってたとか(笑)。これは手前味噌で、いい人ぶった話でなんですけど、マジンちゃんからひとつ聞いた話があるんです。マジンちゃんは「スレイヤーズ」の当時、まだ半分新人みたいな感じで、台本をすごく一所懸命読んでて、その割にはよく噛んで、その空回りな感じがとてもアメリアにぴったりで、おもしろくって、そんな彼女がみんな大好きだった。でも、あるとき、いらっしゃったゲストの声優さんが、スタジオの輪に入らず、じっと台本を見ているマジンちゃんに「もっとみんなの輪に入れ」「あの子は何なんだ?」みたいなことをおっしゃったそうなんです。おそらく、よかれと思ってなんですよ。そしたら私が「いいの、あの子はあれで」って言ったらしいんです。それでマジンちゃんが救われたんですって。

――素敵なお話です。

林原 でも、私は無意識にやったことなんですよ。「マジンを守らなきゃ!」とか、「この子、こんなこといわれたら、本番でビビっちゃうからなんとかしなきゃ!」とか、別にそんなことを考えていたわけではないし、そもそも、マジンちゃんから聞くまで覚えてなかった。覚えてないということは、脊髄反射でいったんだと思うんです。それって、ちょっとリナっぽいな、と。

――たしかに。

林原 普通、アフレコスタジオでは「こうしなくちゃいけない」とか「こうあらなきゃいけない」ということが、現場によっていろいろあるんです。でも、「スレイヤーズ」はちょっと治外法権というか。さっきの話のときも、「このスタジオではいいの。ほかは知らないけど、いいの、いいの」って、ゲストの方に私がいったらしくて。マジンちゃんに「あのときは本当に助かりました」といわれたのは、ずいぶん経ってからで、自分としては「そんなことしたっけ?」と。万事が万事、それなんですよ。
それは松本(保典)さんの私に対する態度もだし、緑川(光)くんとの会話もそうだし。あと、そうだ、緑川くんにいわれたこともあるんです。

――気になります。

スレイヤーズぷれみあむ(劇場版)

林原 私、緑川くんとふたりでスヌーピーショップに出かけたらしいんですよ。私は覚えてないんですけど。で、緑川くん、基本的に、誰かに何か誘われたからって、ふたりで出かけないらしいんですけど、私がスヌーピー好きで、彼も好きだっていうのを聞いたときに、「いいお店があるよ、行こう、行こう!」って私が連れて行ったんですって。
ホント、その流れすら全然覚えてない(笑)。でも緑川くんから「その後に、バイキングでご飯を食べましたよね?」っていわれたら、そっちは思い出した。これね、1ミリもデート気分じゃないんですよ? 後輩が行きたいというから連れて行って、ご飯食べた、じゃあね……っていうだけの話。その感じがすげえ、リナっぽいと思った。万事、そんな感じでした。

――緑川さんが後輩ポジションというのも、今の感覚からすると新鮮です。いろいろな現場で若手を引っ張ってらっしゃるのをお見かけするので。石田彰さんもそうですね。

林原 石田くんのエピソードもありますよ。アフレコ前に無理やりお菓子を食べさせようとしたら、「僕はいいです」といわれて、ショックを受けた話とか(笑)。アフレコの前って、お腹が鳴らないように軽く食べたりするんですけど、声の出方が変わることを気にしたりして、本番前に食べない方もいるんです。そこにずけずけと「ポッキー、おいしいよ?」なんて、食べさせようとしたり。スタジオの空気は、そんな感じでした。今でも集まると、あの頃の感覚が戻ってきますね。不思議です。たぶんね、みなさんの感覚でいうと、通っていた学校の教室を使ったクラス会が近いんじゃないかな。あの、一瞬で時間が埋まる感じ。「私、教室のここの席だった!」とか、先生がどうだったとか、掃除のときにどうしたとか、部活がどうとか、ワーッ! とエピソードが蘇る。それと「スレイヤーズ」のアフレコを思い出すときで、脳の使っているところは同じな気がします。

――アフレコの話では、テレビシリーズと劇場版に関するこんな質問もありました。「テレビアニメと劇場版&OVAでは、一緒に旅する仲間はもちろん、リナ自身の年齢も少し違っていたわけですが、それぞれのアフレコ時に気をつけていたこと、大変だったことなどありますか?」。
補足すると、設定的にはテレビが16歳で劇場版は13歳ぐらいだとか。

スレイヤーズすぺしゃる

林原 申し訳ないけど、私、年齢は全然意識してなかったです。13歳ではナーガには立ち向かえないので。あの人に立ち向かうためのメンタルとして、年齢設定は自分の中には置いていませんでした。とにかくナーガと対等であり、足蹴にできて、煙にまける……絶対、ナーガは「自分の方が上だ」と思ってるけど、私の意識としては、リナはあいつをコントロールしなきゃいけないから。ただ、テレビと劇場の違いはあって、テレビシリーズは基本、リナ、ガウリイ、アメリア、ゼルガディスの4人にゼロスを合わせた5人がレギュラーで、しかも毎週アフレコがあるけど、劇場版は一年に一度くらい、OVAを入れても、少し期間が空いての収録になるし、毎回、重鎮のゲストがいらっしゃる。加藤精三さんであったり、内海賢二さんであったり、大ベテランの方たちをお招きして、気持ちよくお仕事していただかないといけないので、そういうスタジオに対する心配りは、リナ半分、林原めぐみさん半分みたいな感じで、そこはテレビと違いましたね。「台本のこの単語ってどういう意味なんだ?」って質問されたときに、しっかり答えなきゃいけなかった。リナだとね、おじさんたちのお相手はできませんから。する気もないですから。

――ありがとうございます。では、お寄せいただいた質問は終わりましたが、最後に2日間で400問近い大量の質問が届いたということで、質問をお寄せくださった多くのファンのみなさまに、一言メッセージをいただければ。

スレイヤーズREVOLUTION 1話

林原 なんだろうな……「自分の人生に影響を与えたものは?」と問われたとき、どれぐらい、答えられるものがあるんだろうな? と考えてしまうことがあるんです。それはもしかしたら、誰かにとっては、先生の一言だったかもしれないし、友達の励ましだったかもしれないし、親のアドバイスだったかもしれない。そういう、身近な人の一言にも匹敵するぐらい、「スレイヤーズ」という作品は、一人の人生そのものに影響を与えているな……と感じる機会が、ありがたいことに、あります。ただ「面白いアニメだった!」というだけじゃなくて、生き方や、考え方……人としての「道」にすら影響を与えた作品なんだな~……って、時が経てば経つほど、実感してます。もちろん私は、リナを演じたし、演じるとともに台本からもらったものがたくさんあって、それを歌にもしたけれども、そうやって作ったものが、確実に受け取ってもらえていることを感じられるのは、喜びですよね。そして、受け取っただけじゃなく、育てたり、自分の中から消さずにいてくれたことが、とても嬉しいです。……そんな感じですかね。

今は毎日のように情報が更新されていきます。昨日、ネットニュースでトップだったものが、三日後には振り向かれもしない情報になってしまう可能性がある。そんな世界の中で、手のひらはふたつだから、人が握れるものって、そんなにたくさんあるわけじゃない。でも、今回みたいに、一滴の水を垂らせば、「スレイヤーズ」という作品が、作品のことが好きな人たちが、起きて来てくれる。そのフットワークのよさも、リナっぽい……なんてことを感じつつ、あらためて、この作品の底力を、自分の中にも、みなさんの中にも、こうした機会で感じられたことがうれしいです。ありがとうございました。

(聞き手・構成:前田久(前Q))

スレイヤーズ
30周年記念イベント
~集まってくんないと暴れちゃうぞ!~

イベント中止に伴い、本キャンペーンも中止とさせていただきます。
ご当選された方には大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますと幸いです。

※イベント中止に関する詳細は、
下記「スレイヤーズ30周年記念イベント」公式ページをご確認ください。
https://fantasiabunko.jp/sp/slayers_anniversary/event.php https://fantasiabunko.jp/sp/slayers_anniversary/event.php

ご招待キャンペーン

イベント概要

開催日 2020年3月29日(日)
《昼公演》開場 13:00/開演14:00(予定)
《夜公演》開場 18:00/開演19:00(予定)
  • 開場時刻につきましては当日の状況によって前後する場合がございます。
  • キャンペーンご招待枠は《夜公演》のみとなります。
会 場 TOKYO DOME CITY HALL
出 演 リナ=インバース役:林原めぐみ / ガウリイ=カブリエフ役:松本保典 / ゼルガディス=グレイワーズ役:緑川光 / アメリア=ウィル=テスラ=セイルーン役:鈴木真仁 / 白蛇(サーペント)のナーガ役:川村万梨阿
奥井雅美(LIVE GUEST)
MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)
※出演者は予告なく変更になる場合がございますので予めご了承ください。
公式サイト https://fantasiabunko.jp/sp/slayers_anniversary/

キャンペーン期間:2020年2月7日(金)10:002020年2月20日(木)23:59まで

ご応募いただいた方の中から抽選で、「スレイヤーズ30周年記念イベント~集まってくんないと暴れちゃうぞ!~」《夜公演》にご招待!

本キャンペーンの応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました!

ご応募いただいた方はログインしてご確認ください。

なお、当選者の方はイベント当日までに下記注意事項をご確認お願いいたします。

ご当選された方へ重要なお知らせ

「スレイヤーズ30周年記念イベント~集まってくんないと暴れちゃうぞ!~」
《夜公演》ご招待キャンペーンに
ご当選されたお客様だけにご案内いたします。

イベント中止に伴い、本キャンペーンも中止とさせていただきます。
ご当選された方には大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますと幸いです。

※イベント中止に関する詳細は、
下記「スレイヤーズ30周年記念イベント」公式ページをご確認ください。
https://fantasiabunko.jp/sp/slayers_anniversary/event.php https://fantasiabunko.jp/sp/slayers_anniversary/event.php

■応募方法は2STEP!!■

①下記対象作品のTVシリーズ【A】から1話以上+劇場版・OVA【B】から1作品以上を全て視聴する。

※過去半年以内に視聴している方も含めます。

TVシリーズから1話以上

劇場版・OVAから1作品以上

劇場版

OVA

②下記、【今すぐ応募する】ボタンを押す。
※必ず応募規約をご一読の上、ご応募ください。

◆応募条件

  • 公演に必ずご来場いただける方。
  • 応募からイベント当日までdアニメストア会員であること。
  • 対象作品をキャンペーン開始日より過去半年以内に全て視聴していること。

◆抽選結果発表

2020年2月21日(金)10:00 予定

  • dアニメストアサイトトップページ下部のキャンペーン一覧>該当キャンペーン
  • こちらの特集ページ
  • 当選通知メール(2月21日(金)18:00発行予定)

※②③は当選者の方にのみご連絡となります。予めご了承ください。

◆指定席チケット受取り

当選した方はイベント当日、関係者受付までお越しください。
受付にて担当のスタッフが当選画面を確認させて頂き、当選チケットをお渡し致します。

  • イベント当日18時55分までにチケットをお受け取りいただけなかった場合、当選は無効になります。あらかじめご了承ください。
  • スクリーンショットや出力での【当選マーク】提示は無効とさせていただきます。通信手段の確保も含め、【当選マーク】提示のご準備をお願いいたします。
  • 【当選マーク】を表示するにはdアニメストアにログインする必要がございます。

◆注意事項

  • チケット受取りまでにdアニメストアを解約すると当選は無効になりますのでご注意ください。
  • dアニメストアを解約後、再度入会した場合も当選は無効となります。
  • 本イベント当日、ご自身の端末で当選画面を確認させて頂き、イベント会場にご入場いただきます。
  • 本キャンペーンのご応募は、1契約につき1回限りです。
  • やむを得ない事情により、出演者が予告なく変更またはイベント中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
※応募受付は終了しました。

※本キャンペーンは、dアニメストアが企画・運営するものであり、Apple Inc.および、関連会社は一切関係ありません。

プレゼントキャンペーン

イベント中止に伴い、3月に予定していたプレゼントキャンペーンも中止とさせていただきます。
楽しみにされていた方には大変申し訳ございませんが、ご理解いただけますと幸いです。

※イベント中止に関する詳細は、
下記「スレイヤーズ30周年記念イベント」公式ページをご確認ください。
https://fantasiabunko.jp/sp/slayers_anniversary/event.php https://fantasiabunko.jp/sp/slayers_anniversary/event.php

©神坂一・あらいずみるい

更新日:2020年3月6日