映画公開記念!!インタビュー公開!「DEATH NOTE -デスノート-」

映画『DEATH NOTE Light up the NEW world』

前作から10年ぶり2016年10月29日に公開される映画「デスノート Light up the NEW world」から、制作の裏側に迫るインタビューが到着!映画のPVと合わせてチェックしましょう。

前作『DEATH NOTE』をアニメでチェック!!

DEATH NOTE -デスノート-

DEATH NOTE -デスノート-

作品概要

このノートに名前を書かれた人間は死ぬ―
犯罪のない社会を目指し、デスノートで世界を変えようとしたキラこと夜神月。暴走する彼を阻止しようとした世界的名探偵L。天才VS天才の対決から10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、キラによるメッセージが発信された―。「デスノートを手に入れろ―」
死神により地上にもたらされた6冊のデスノート。同時多発的に発生する大量の殺人事件。そんななか、三島が率いるデスノート対策本部に、Lの後継者・竜崎が加わり、無差別殺人の現場で一冊のデスノートを手に入れる。一方、その現場には、キラ信奉者・紫苑の姿が――。今、それぞれの譲れない“正義”を懸けた、3人の壮絶な頭脳戦が始まる──!
デスノート“オタク”の捜査官・三島に東出昌大、Lの後継者で世界的名探偵・竜崎に池松壮亮、キラ信奉者のサイバーテロリスト・紫苑に菅田将暉──今もっとも、演技力、カリスマ性、美しさの全てを備えた最強の豪華競演が実現。さらに前作に続き登場する弥海砂を戸田恵梨香、死神リュークを中村獅童が演じる。監督は『GANTZ』『図書館戦争』『アイアムアヒーロー』の佐藤信介。
“すべての終わり”に名前を書かれるのは、誰だ!?
6冊のデスノート×極限の争奪戦×3つの名前=究極のエンターテイメント!!

映画『DEATH NOTE Light up the NEW world』
映画『DEATH NOTE Light up the NEW world』
■詳しくは公式ウェブサイトへ!
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote2016/

インタビュー

映画「デスノート」の死神のここがすごい!

原作やアニメでも登場する死神のCG制作を担当した、デジタルフロンティアの 土井 淳 VFXスーパーバイザー に本作の進化した死神制作の裏側はもちろん、アニメとCGの違い、CGアニメーションの今後の展望などをお話しいただきました。

Q.まずは、CGって何・・?という方のために教えてください。パラパラマンガの原理で動くアニメーションと、CGアニメーションってどう違うのでしょうか?
A.キャラクターに限定して説明しますと、アニメの場合は、1コマ1コマ描いて、それをつなげて動いているように見せています。
CGの場合は、まず、動かすもののCGキャラクターのモデルを作り、キャラクターを動かすための関節、骨を入れて、動かすベースを作ります。
その後モーションキャプチャー(人物の動きをデジタル的に記録する技術)をして、その動きをCGキャラに当て込んで動かしています。

 【骨の制作過程】
メイキング メイキング
Q.そもそもの制作方法が全然違うんですね!
最近はCGアニメーションが増えてきているそうですが、CGで作ることはどのようなメリットがあるのでしょうか?
A.CGを使うメリットは、一度作ったものを使いまわせるという点と、自由なカメラワーク、そしてライティングを自由に変化させることが出来る点だと思います。手描きのアニメだと、同じシチュエーションでも、昼と夜とで描き分ける必要がありますが、CGであればライティング次第で昼、夜など時間を変化させることができます。
CGによって、キャラクターの自由度、表現の幅を膨らませることができるのです
Q.それでは続いては、デスノートの死神に迫っていきたいと思います。10年前の死神リュークと本作のリュークを比較すると、どういった違い、進化があるのでしょうか?
A.大きく言うと、本作での死神CGを作る上でのテーマである、「存在感」の表現です。
肌や布・皮・金属などの質感も向上し、リアリティーも向上しています。
そしてもうひとつのテーマである、「感情移入できる」キャラクター性です。

観客を感情移入させるのに不可欠なのが、繊細な表情作り、細やかな仕草です。
メイキング メイキング
Q.なるほど!映画のストーリーにも重要なポジションとなっているようですね。
具体的に本作の進化した死神のCG制作のフローを教えてください。
A.10年前の前作から、進化した「新生リューク」を誕生させるために、死神のコンセプトから制作しています。そのコンセプトをもとに、3Dのキャラクターモデルを作成し、肌、服などの質感をつけていきます。さらに、質感ライティングのリファレンス用に、リュークの造型を作成してもらい、撮影しています。
メイキング メイキング
続いて、動きのベースを制作します。
まず映画の撮影現場では、死神のレイアウト、死神の動きを決めるために、死神のモーションキャプチャーのアクターの方に参加してもらい、リファレンスを撮影しています。
そのリファレンスの動画を元に、後日モーションキャプチャーを撮影し、動きのベースとしています。

 【モーションキャプチャの様子】
メイキング

モーションキャプチャーの撮影が終わると、CGソフト上で、最終的な死神の動きとなるように調整し、服、羽などの揺れものの動きをシミュレーションして、顔以外の動きが完成します。
さらに表情をつけるために、フェイシャルキャプチャーも行っています。
モーションキャプチャーの撮影時に顔の前にカメラをつけて同時に撮影しています。
これも、表情のベースとして使用しています。
死神は個性ある顔立ちなので、人間の表情だけでは成立せず、さらに死神にあった表情を追加することで完成しています。
そして、死神の存在感を出すためのライティングです。
映画の撮影現場で撮った360°の写真を元にHDRIを作成し、ライティングを行っています。ライティングが終わると、レンダリングして、撮影された映画に死神を合成して完成となります。
本作で死神の登場するシチュエーションは、20シーン以上あり、そのすべてにこの作業を行っています!
Q.本作では初登場の死神「アーマ」「ベポ」が初登場しています。二人ともとても個性的なキャラクターですが、それぞれ難しかった点、工夫した点などこだわりを教えていただけますか?
A.「アーマ」は女性で、手・指が昆虫のような形で長く、片目が無く目が真っ黒という死神です。
女性らしい妖艶な雰囲気を出すために、長い指・手に細やかな動きをつけています。
ちょっとした指先の動きで、寂しさなども表現させています。
そして、表情ですが、片目が無い・目が真っ黒というのがかなり難易度が高かったです。
目線を表現するときに、頭の動きで目線を感じさせるようにしています。
観客を感情移入させられるように、やさしい微笑みや、悲しみもまぶたの動きと、口元の動きで表現しています。

 【アーマ】
メイキング メイキング

「ベポ」は、金属の仮面を被った表情の見えない死神で、デスノートのルールを説明する、ストーリーテラー的な存在です。
動きがゆっくりしているのは、映画の導入部分で、重厚な世界観を創り出すためでも有り、死神の不気味さを強調させています。
仮面で動く部分は、下あごの部分だけなので、しゃべるときの動かし方で試行錯誤しました。
実は指が6本あるのですが、デスノートの6冊ルールを説明するときに、片手だけで、6冊と伝えたいという、監督からの要望でした。

 【ベポ】
メイキング メイキング
Q.指6本は監督のこだわりなんですね!他にも映画に登場する死神で見逃せない注目ポイントがあれば教えてください。
A.本作での死神は、存在感に重きを置いて作成しています。
その場に違和感無く存在しているように見せるために、撮影現場のライティングをCG上で正確に再現しています。
そして、細やか且つ豊かな表情をつけて、デスノートを取り巻く3人の主人公達と対等にお芝居させています。
個性ある3人の主人公達vs個性ある死神という図式が映画を面白くさせていると思います。
Q.最後に、今後のCGの進化についてお聞かせください。次の10年にCGはどのような進化を遂げているか、そして今後アニメや実写の中でどのように生かされていくのでしょうか?
A.10年前のCGは、特別なものという存在でしたが、今は身近な存在になって来ていると思います。さらに、次の10年、2026年には医療現場や、普段の生活に無くてはならないような存在、生活に共存している存在になっているのかなと想像しています。
そして、今後はアニメや実写映画の中でも、CGを中心とした作品作りになっていくと思います。特にアニメの世界では、CGの技術を生かし、自分が主人公としてストーリーに加わったり、様々な視点からストーリーを体験できるような、そんな進化したコンテンツが手軽に楽しめるようになっていると思います。

私達の生活の至るところにCGの世界が広がりそうですね!
土井さん、ありがとうございました!
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2016「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
☆夜神月&L:(C)大場つぐみ・小畑健/集英社 (C)2006「DEATH NOTE」FILM PARTNERS
(C)大場つぐみ・小畑健/集英社・VAP・マッドハウス・NTV・D.N.ドリームパートナーズ

更新日:2016年11月4日